愛国心を持つことは基本中の基本


 世界には約200の国々がある。それぞれの国にはそれぞれの歴史があり、文化があり、国家としての尊厳がある。自分の国を愛し、誇りを持つことは、文明人として、国民としてまったく当然のことであり、国際人になるためにも必要不可欠なことだ。
ところが、残念ながらわが国には自分の国に誇りをもてない、自分の国を愛せない国民がたくさんいる。戦後のGHQによる占領統治によって、日本人に自虐心が徹底的に植えつけられたのは確かだが、主権回復から半世紀以上経てもいまだに日本人が自信を取り戻せずにいるのはやはり日本人自身の責任ではなかろうか。この50年間、この国のマスコミ、政治家、教育関係者がグルになって洗脳した結果、多くの日本人は、日本はダメな国、日本は変な国、日本は侵略国家、日本は世界中から嫌われているなどの根拠のない妄想を抱くようになってしまった。朝日新聞やニュース23などを見ていると、なぜそこまで日本を貶めるのだろう、なぜそこまで日本を嫌いにさせたいのだろうかと不思議でならない。
愛国心をもてない人というのは、今でもアフリカや南米に一部存在するような文明社会からかけ離れた未開民族か、ゆがんだ教育を受けて心が歪んでしまったか、自分の国がよっぽど堕落しているかのどれかであろう。
 世界中には到底愛国心をもてなさそうな国も確かにある。アジアには外国に工作員を送り込んで数百人も拉致したり、いまだに近隣諸国を植民地支配して同化政策を施したりするようなとんでも国家が存在するが、よりによってこういう国に限って愛国心は強烈だったりする。幸い日本はこのようなならず者国家ではない。客観的に見て、日本は十分に誇りを持つに値する国だと思う。具体的なことは、今後このサイトでいろいろ話をしたいと思うので今回は省略させていただくが、日本人はもっともっと自身を持つべきだ。日本人に未開民族は一人もいないと思うし、なおかつ日本はならず者国家でもないとすれば、愛国心がもてない日本人とはやはりゆがんだ教育のせいで軽度の(重度かもしれない)精神障害を負ってしまったのではないか。
 最近では国家そのものを否定しようとする輩まで出てきた。地球市民とか、アジア共同体構想などの不可解な思想が蔓延している。しかしわれわれの生活はあらゆる点で国家を基礎になりたっている。われわれが普段使うお金は白川郷でも屋久島でもつかえるが、釜山に言ったら使えない。自動車は左側通行だが、台湾や中国に言ったら右側通行になる。交通違反の罰金は日本全国どこの金融機関でも支払ができるが、外国の金融機関ではできない。我々の生活と関わる、食品、医薬品、商店、運輸、道路交通、旅行、会社経営、刑法、大学、専門学校、財産、土地購入、などなどなんでもいいのだが、ありとあらゆる法律は稚内であろうと、竹富島であろうと、日本国内では共通である。しかし外国に出たとたん通用しなくなってしまう。このように、国家とは絶対に否定できるものではない。日本人はあまり国家を意識しない人が多いようだが、我々の日常生活は国家とあまりにも深く関わっているのだ。
 愛国心を持つことは今後の人生を歩むうえであらゆる点で基本中の基本だと思う。これから大学進学を目指している人も、これから就職しようとしている人も、すでに社会人として活躍している人も、まずは自分の国に誇りを持つことが全てにおいてのスタートとなる。できるものなら国のために働く、国家に尽くすという気持ちを持ってもらいたい。国家に忠誠を尽くすというと、誤解する人が多いようだ。国家に忠誠を尽くすとは政府に忠誠を尽くすという意味ではない。ましてや自民党に忠誠を尽くすという意味ではない。現政権が国家にとって害悪だと思えば、堂々と政権を倒すために戦えばよい。それも国家に尽くすことになるのである。
 今まで愛国心や国家というものをあまり考えてこなかった人は、今からでも遅くない。今一度自分の国について考え直してみようではないか。

 


 

【ホームページ作成講座】 | 本・漫画・DVD・アニメ・家電・ゲーム | Webコンサルティングサービス
業界NO1のライブチャット | 自宅でで学べる!CAD資格合格講座 | 20GB 無料のオンラインストレージ
★薬草の資格が取れる! ⇒ 【薬草ガーデン講座】 | 最新ニュース | Web検索 | ドメイン | 無料HPスペース